セミオーダー型の注文住宅について

注文住宅とは一般的には顧客側が希望したタイプの住宅を業者に依頼して建築するものですが、このタイプの住宅もフルオーダー型とセミオーダー型に分けられる事があります。世間でよく言われている注文住宅は、フルオーダー型のタイプが殆どです。セミオーダー型の注文住宅はどの様なタイプの住宅かと言うと、一般的なフルオーダーの注文住宅と分譲住宅の中間とされています。このタイプの注文住宅では分譲住宅と同様に、建物の基本的な仕様は決まっています。客側は建築を請け負う会社が決めた間取り、外装、内装等を含めたデザイン、設備等を自由に選びながら工事を進める事が多いです。フルオーダーの注文住宅と比べると、価格は比較的安価な価格でマイホームを手に入れ易いです。

注文住宅でセミオーダー型を活用した時に注意したい事

セミオーダー型を活用した注文住宅は、フルオーダー型より安価で基本仕様が規格化されている事から工事期間は短くて済む反面、活用するにあたって気を付けたい事もあります。注文住宅の場合は土地と建築費をセットで購入する事が多いですが、建てようとする土地に制限があった場合は建築出来ない事があります。間取りも業者が用意したパターンから選ぶ他、水廻りなどの住宅設備も業者が指定するメーカーの製品を使うという取り決めをしている場合が多いです。建築会社によって多少の差はあるものの、仕様変更に関しては細かく変更出来ない事が多い為、どこまで自分が希望する住宅に出来るか確認する必要があります。制約が多いセミオーダー形式の注文住宅ですが、初めて家を建てたい人にとっては活用し易いです。

完成している新築一戸建てを購入する方法と、ハウスメーカーや工務店などに依頼して建ててもらう方法があります。後者の場合には、企画住宅にするか、自由度の高い注文住宅にするかなどの選択肢もあります。