手軽さが魅力のセミオーダー型

注文住宅は、自分の理想の住まいを手に入れるために、設計段階から要望を取り入れてもらえるのが大きな魅力です。一方で、住宅に関する知識がない人にとっては、決めなくてはいけないことに追われてしまったり、住宅メーカーとの話し合いに膨大な時間を費やすことになります。そのため、最近では、注文住宅の全ての仕様を一から決めていくフルオーダー型ではなく、住宅メーカーが提案してくれるプランを組み合わせて進めていくセミオーダー型の注文住宅が人気を集めています。フルオーダー型で注文住宅を建てることに抵抗がある人は、住宅メーカーがセミオーダー型に対応してくれるかどうかを事前に確認してから、注文住宅の建築を依頼する会社を決めるようにしましょう。

住宅メーカーの選び方

セミオーダー型で満足のいく注文住宅を建てることができるかどうかは、住宅メーカーで提案している設計プランの量や質に左右されます。なるべく多くのパターンの中から条件に合う間取りや構造などを決めていきたいという人であれば、大手の住宅メーカーを選ぶのが無難です。大手の住宅メーカーでは、経営基盤が大きく、量産体制のシステムも確立されていることから、基本となる設計プランなどが豊富に用意されています。

ただし、セミオーダー型でも、自分のこだわりを妥協せず、住宅メーカーと丁寧に話し合いながらプランを決めていきたいと考えている人には、比較的柔軟に対応してくれる中小規模の住宅メーカーや工務店がおすすめです。事前に自分の要望を伝えて、プランの変更や個別の注文にもきめ細かに応じてもらえるかを確認しておくと、あとで後悔することない住宅メーカー選びにつながるでしょう。

購入する分譲住宅の間取りや外観だけでなく、他の家との間隔や、生活の利便性を左右する立地条件なども、自分の目でしっかりと確認することが大切です。