経験豊富な営業担当者が個別サポートしてくれるところがおすすめ

フルオーダー型の注文住宅は、デザインや工法、材質などによるものの、多額の費用の支払いが必要となるケースが多いため、慎重に住宅メーカーを選ぶことが重要となります。特に、一から注文住宅のデザインの決め方について相談をしたい場合は、経験豊かな営業担当者が一人ひとりの顧客に丁寧にサポートしてくれる住宅メーカーにお世話になるのがおすすめです。最近では、各地の住宅メーカーのカタログやホームページなどに、フルオーダー型の注文住宅に精通したスタッフのプロフィールが掲載されていることもあります。そのため、信頼できる担当者を見つけるうえで、早いうちから身近なところにある住宅メーカーの事情をよく把握して、早めに担当者とコンタクトを取ることが大事です。

リフォームまで任せるなら工務店と業務提携しているかチェック

フルオーダー型の注文住宅を建てた後のリフォームまでこだわりたい場合には、地域内の実績が豊富な工務店と業務提携をしている住宅メーカーを契約先に選ぶのがポイントです。リフォームの相談まできめ細やかな対応をしている住宅メーカーの中には、無料で提携先の優良な工務店を紹介したり、顧客の希望に応じて工務店との話し合いに営業担当者が同席したりしているところも多くあります。そこで、リフォームをする時に後悔しないためにも、複数の住宅メーカーのサポートの良し悪しを比較することが大切です。なお、住宅メーカーの方針によって、リフォーム時の仲介手数料や、実際にリフォームの施工を担当する工務店との連絡の取り方などに違いが見られます。分からない点があれば注文住宅の施工を依頼する前に担当者に質問をすることが肝心です。

建売住宅であれば、現物を見て、生活している様子をイメージしやすくなります。家族で見れば、部屋の使い方などを相談することができます。