自分の思い描いた家を作れる

フルオーダー型の注文住宅は自由度が高く、自分の理想通りの家を建てることができます。間取りや設備はもちろんのこと、内装や外装建材の種類や色といった住宅の細かい仕様まで指定できるのが魅力。徹底的にこだわって細部まで決めれば、世界に一つだけのマイホームを作れます。フルオーダー住宅は費用が高額になりやすいという懸念点はあるものの、こだわりたい部分にお金をかけて、こだわりがない部分のコストを下げれば予算内の計画も可能です。理想の家を建てたいなら、営業担当だけでなく設計者ともコミュニケーションが取れる建築会社を選んでください。建築に詳しくなくても具体的なイメージを伝えると、現実可能な限りの希望を叶えてくれるでしょう。

建築プロセスを自分で確認できる

建築プロセスを自分で確認できるのもメリットです。フルオーダーの注文住宅は間取りや仕様が全て確定してから建て始めるので、家が建つ過程を一から確認できるのです。自分が考えた理想の家が建つ様子を見るのは、人生で1度経験できるかできない貴重な時間だと言えます。また自分の目で確かめることで、現場の職人さんの作業をチェックできます。作業内容で気になることがあれば、直接確認することも可能です。職人さんに気配りしながら上手くコミュニケーションを取れば、作業の質が上がる可能性もあるでしょう。業者側も見られているという意識があると、よりよい仕事をしてくれるのです。そのため、欠陥住宅や手抜き工事に対する心配は軽減されます。